渡る世間でヘマばかり

ただただ、吹き溜まってNIer方面に燻っている中年の痴呆ブログ

ハイエースの華麗なドリフト

ハイエース 」 / Twitter https://twitter.com/an_miho0505/status/1452116393730580483 今日のついったーで観測。なんてきれいな挙動。これはイイ!!

Machine - CAST RACING https://castracing.com/machine/

「全日本ラリー仕様のハイエースがヤバすぎる!」 各部のメイキングを徹底考察 | web option https://option.tokyo/2021/04/18/98105/

まじもんの全日本ラリー車両でした・・・。こりゃ、実車観たい。

かぶれ俺用軍用機名称メモ

ただ単に「どっちがスタリオンでブラックホーク」なのか絵面と名前がわからないなと思い出してメモ。あ、それなら戦闘機と戦車がない…。ま、またこんど。
AH-1 コブラ
AH-1Wスーパーコブラ
AH-1Z ヴァイパー
CH-47 チヌーク
UH-1 イロコイ(ヒューイ)
AH-64 アパッチ
CH-53 スタリオン,53eシードラゴン
UH-60 ブラックホーク
C-5 ギャラクシー
C-17 グローブマスター III
C-130 ハーキュリーズ

ついさっきまでCH-53の給気口?付近ギザギザは「なぜソーラーパネル?」とずっと意味不明な未解釈をしていたのだが あーあれフィルターなのね(滝汗 EAPS(Engine Air particle separator)。 https://www.google.co.jp/search?q=helicopter+EAPS&tbm=isch&oq=helicopter+EAPS&sclient=img&hl=ja

ヘリのエンジンどうなってるの?と調べだしてIPS(Inlet particle separator)?って存在に興味が止まりません。 遠心分離で外周に溜まるダストを吸い出すって…。すごいね、ダイソンみたい!(比喩適当)いやーヘリの構造っていろんな所がとんでも意味不明で凄すぎる(語彙不足) https://www.quora.com/How-do-military-vehicles-engine-inlet-air-filter-systems-handle-extreme-dust-environments-without-clogging

凄いぞ米海兵隊の新攻撃ヘリAH-1Z「ヴァイパー」ほぼ新造でも「AH-1Wの改修です」ナゼ?(乗りものニュース) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a31e25201b6b8156931d3fc0251d04da03e33d

なんか楽しそう、WAZA-AIR

くずネット中毒が進むとバナーやCM動画が脳みそ側で「見ない」処理になるようになっていて(w。のハズなのだがこの動画に見入ってしまった。

  

第一線で活躍中のミュージシャンがWAZA-AIRを体験! - YouTube

第一線で活躍中のミュージシャンがWAZA-AIRを体験!

  

コレ実はヘッドホン型のギターアンプなんです! 話題の「WAZA-AIR」徹底レビュー - 価格.comマガジン

  

プロモーションとしてもなんか面白そうに本当に見える。が、絶対有りそうで微塵も触れてない…ある機能。あー、やっぱりそうなる?

Amazon | BOSS ボス/技 WAZA-AIR ワイヤレス・ギター・ヘッドホン・システム Bluetoothアンプ | コンデンサ | 楽器


と、そのまえに微塵もギターを弾けないのであった…。

いまさら中田ヤスタカに興味を持つ。

前述、中田ヤスタカのルーツというか何を考えている人なのか俄然興味が湧いてきてしまった。 調べだすと止まらない。月曜が目の前だ。と、ちんたら書いている間に月曜になってしまった。

 

みゅーじん/音遊人(テレビ東京)2008.02.10 第69回:capsule
中田ヤスタカの10のルール@TBS「私の10のルール」 090908 - Aerodynamik - 航空力学
NHK総合2017.11.23 インタビュー「ここから」
  →このインタビューでの作曲スタイルの話はとても興味深い。

 
関ジャム 完全燃SHOW|テレビ朝日 2016年10月23日放送
『関ジャム完全燃SHOW』中田ヤスタカ「曲は降りてこない」楽曲制作の秘密を明かす | Daily News | Billboard JAPAN
(2012.10.11)サンレコで坂本龍一&中田ヤスタカが“テクノポップ対談” - 音楽ナタリー
中田ヤスタカが4週連続NHK-FMに登場 好きなゲームや映画の音楽も語る - 音楽ニュース : CINRA.NET
  →「2018年2月4日(日)、2月11日(日・祝)、2月18日(日)、2月25日(日)にNHK-FMで放送」
    どっかに落ちてないかな。聞きたい。

 

関ジャム良かった。頑張っていろいろ踏み込んでた(w 要は「インスト」が作りたいワケだ。 なんだろうか、すごく純粋に曲作るのが趣味の人なんだなと。良性DTMオタクとでも。好みが少数派向けなのも十分わかっている上で、ある程度仕事としつつ。 あと、繰り返す・重ねる・人の気持ちをアゲる手法は、フロアサウンドで考えればまぁ、そうだなと。 作詞の話は思った以上に意外だけど、となると彼の中の世界が「いい景色」、要するにセンスが良いってことだな。

 

「テイラー・スウィフトの曲は隙がない」、音楽プロデューサー・中田ヤスタカが海外ヒットメーカーを語る(2018.03.06) | oricon

 

このインタビューでなんか腑に落ちる。小室哲哉的ないやらしさが無さ過ぎて不安になる(w

自分が今20歳だったら、デビューしたかどうかも怪しい。 普通に、YouTubeで曲を公開して、「“いいね”をいっぱいもらいたいな」と思っているだけかもしれない(笑)。

この発言も非常に自然に聞こえる。中田ヤスタカなる人物は「音楽シーン」の住人ではなくて 「ゲームサウンドリエーター」的イメージのほうがしっくり来る。 いや、本人が何処まで意図して意図せざるかわからんがきゃりーとパフュームの大黒柱として 頑張って働いてもらわないとイケないのかもしれない(w

 
脱線。
逆に「ゲームサウンドリエーター」の人たちは今の1億倍社会にリスペクトされてほしいと切に願う。 ポップミュージックにはそれはそれは素晴らしい者がたくさんあるのは言うに及ばず。 ゲームサウンドも少なからず人々の人生にがっつり根差している、これを称賛スべきだろう。 単なるおもちゃと呼ぶには有り難すぎる。

映画『ピクセル』を観た。

本編は「こんなことでもちゃんと金かけて作るのは偉いな」と思ったぐらい。 エンディングテーマが流れたところで一番感動してしまった。 曲自体は前知識なくてもどう考えてもヤスタカ節なので「おぉ」ぐらい。がしかし。 なんてことだ、誰にどの程度伝わるつもりでこの詩を書いたのだろう。
  三戸なつめ 『8ビットボーイ』 - YouTube


三戸なつめ 『8ビットボーイ』

三戸なつめ、中田ヤスタカが手掛けた文字通り8ビット風ダンス曲な新シングル“8ビットボーイ”は映画「ピクセル」の主題歌 | Mikiki
楽しいメロディが癖になる三戸なつめの『8ビットボーイ』!でも、実は深い歌詞だった!? | 歌詞検索サイト【UtaTen】ふりがな付

 

解説惜しい。
クソゲームキッズだった我々に「スプライト」「ワイヤフレーム」って単語は宇宙の法則の福音みたいなもんで説明不要かもしれない。 しかし、聴いた大半の現代人は「飲むと爽快」しか思い浮かばないだろなぁ(もったいない。 にもかかわらず、キッズの重症中毒と願望と実現していった科学技術の歴史をそのまま歌詞にぶっこんだ挑戦は拍手ものだ。 正直、どっかで「もうちょっとわかりやすさを」ってならなかったのか?と不安に思うほどだ。なんにしても不覚にも感動してしまった。 youtubeで海外勢の反応を見てみたくなってうろついてみたがさほど反応が見られなかったのは、これ日本語吹替版に充てた曲だったからか…。「やるなー」って思ってたのに流石に伝わらないか。 あれだな、次は16bit世代でスーファミメガドラ時代を担いでピクセル2が出ないかな(w

 

■参考情報:
スプライトとは (スプライトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
スプライトアニメーションはゲーム開発の超基本:“BREW”アプリケーション開発入門(5)- MONOist
この記事面白いな(w、また、迷子になる(w

 

ワイヤーフレームとは (ワイヤーフレームとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ワイヤーフレーム」に厳密なことを言うと8bit時代には早すぎた話だからズレはあるわけだが、「夢が実現する、動き出す、飛び出す」あの感動を端的に表した言葉だなと感傷に浸る。

 

Aphex TwinとSquarepusher

H ZETT M ~HAPPY SATURDAY NIGHT~|82.5 FM NORTH WAVE
毎週土曜の23時といえば、ズミさんの暴走?いや、ナチュラルハイというか乱舞を面白おかしく聴いている。 いつも面白い曲を沢山引っ張ってくるなーの中に「Aphex Twin」「Squarepusher」が出てきてしまったもんだから こちらのテンションもいよいよおかしくなった。(w

 
んで、検索徘徊が始まるワケです。出ました、知らないこと。
squarepusher news archive vol.2 -BUZZ-
ナニコレすごい。凄すぎるインタビュー。神々なのに「聖おにいさん」よりもひどい泥酔クズで最高。

 
ほかにもこの「ソニテク」ってサイトはと尊過ぎる。って、テクノ専門学校流れなのか!!なんてことだ。 90年後半のRAVE以降の、良い意味でいろいろ面倒くさく臭い音楽がたくさん出てきた時代を知るための情報が溢れんばかり。 ああ、こりゃ、全部読みたい。  
SONY TECHNO PAGE
あー、1994年から2000年まで,嗚呼終わってるのか。いやでも、これを消さずに残してくれているソニー・ミュージックに感謝。  
SONY TECHNO PAGE FEATURE
このラインナップだけで酒が止まらなくなる。  
念の為、魚拓サイトも探しておく(w https://web.archive.org/web/20181229194041/http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/SonyTechno/